ぽっこりお腹解消する方法は?

ダイエット
10 /24 2019
みなさんこんばんは😊

今日はウエストの引き締め方についてお話します😊

まず、ウエストが太くなる要因についてですが、、

○便秘
まず、考えられる原因は、便秘になります。昨今の健康ブームのおかげで、食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖といった便秘解消に役立つ成分を配合した青汁、スムージー、酵素ドリンク等の健康食品の人気が高くなっております。人気が出た最大の理由は、便秘解消によるダイエット効果にあります。

ちなみに、便秘とは、ひと昔前までは3日以上排泄がなかった場合と言われておりましたが、本来は、食事をして24時間ほどでの排泄が望ましいとされております。

ですので、24時間以上経った場合は、便秘を考えた方が良いということになります。腸内にたまった老廃物は、どんどん水分が失われていき、徐々に固くなってしまうために、スムーズな排出が難しくなってしまいます。結果、お腹が張り、ウエスト周辺が太く見えてしまうのかもしれません。

○内臓下垂
内蔵下垂と聞けば、何かの病気ではないか、不安になる人も多いのではないでしょうか。
内臓下垂とは、本来あるべき位置に内臓がなく、本来の位置よりも下がってしまっている状態のことを言います。よく耳にする言葉に胃下垂なる言葉がありますが、これは、胃が本来あるべき位置より下に下がっている状態のことになります。

あるべき位置にないと、どのようなトラブルがあるのか。実は、胃の場合、胃が下がると、その下にある臓器が徐々に押しつぶされ、最終的には骨盤までてしまいます。肩から胸あたりは細いのに、お腹だけポッコリと出ている体型の人は、この内蔵下垂が原因かもしれません。
内臓が圧迫されると、血液の流れが悪くなることで血行不良となり、冷え、基礎代謝低下、胃もたれ、骨盤の歪み等のトラブルを発生します。ポッコリお腹が気になる人は、早めに医療機関に行き、診察を受けることをおすすめします。

○皮下脂肪がたまっている
皮下脂肪は落ちにくい。よく耳にする言葉ですが、皮下脂肪が、どのような脂肪なのか、ご存知でしょうか。似た言葉に内臓脂肪がありますが、皮下脂肪と内臓脂肪とは、似て非なるもの。同じ脂肪でも、まったく意味合いが異なります。内臓脂肪は内蔵にある脂肪になりますので、指で掴むことはできません。

ですが、皮下脂肪は、ウエストや背中等、身体全身にある脂肪になり、指で掴むことができます。皮下脂肪が溜まっている状態は、いわゆる指で掴める脂肪が多いということになります。

☆簡単にできるウエスト引き締め方法
①ウエストのマッサージ
ウエストが太くなってきた。原因は、加齢に代謝低下、食べ過ぎ、運動不足等が挙げられますが、ウエストの肥満は、主に、運動不足による代謝低下が原因だと言われております。運動不足によって付いてしまったお腹まわりの皮下脂肪に、排出されない老廃物がくっつき、セルライトと言われる脂肪のかたまりになったと想像できます。

セルライトには、リンパマッサージが有効です。リンパマッサージは、リンパを流すマッサージになりますが、お風呂上がりに行うこと、正しいマッサージを行うことで、スムーズに流すことができます。ちなみに、マッサージのやり方は、お腹に手の平を当て、時計回りにゆっくりと撫でていきます。

続いて、みぞおちから斜め下のわき腹に向かってさすり、胸と胸の間からお腹に向かって、4本の指の腹を使い、さすります。最後に、おへそから指3本分横にある大横と呼ばれているツボを押して終了です。このマッサージは、冷え、腰痛、浮腫対策にもおすすめです。

②食生活の見直し
ポッコリお腹のリンゴ型体型は、食生活を見直すことで、解決できる場合があります。リンゴ型体型は、内蔵に脂肪が付く内臓脂肪の人が多く、主に、男性がなりやすい体型になります。内臓脂肪は、エネルギーの代謝を行う際に必要とされる脂肪でもあり、皮下脂肪に比べると、代謝が早く、食生活の見直しを行うことで減少しやすいと言われております。

定期的な運動をプラスすれば、更に、早いダイエットを目指すことができます。では、食生活の見直しについてですが、食生活を見直すと一口に言っても、カロリーの低い海藻やキノコ類ばかりを食べるわけではありません。健康的にダイエットを行い、ウエストを引き締めるには、肉、魚、野菜、乳製品、海藻、キノコ等、ビタミン、ミネラル、食物繊維等、バランスのとれた栄養成分を摂取する必要があります。

また、一日3回、朝昼晩ときちんと食事を摂ること。特に、ウエストを引き締めたい人は、朝食は抜いてはいけません。朝食を食べることで発生する結腸反射のためにも、少しでも良いので、食べ物を摂ることを心がけましょう。

ちなみに、結腸反射とは、空腹状態であった胃に何かしらの食べ物が入ることで、就寝中に停滞していた腸が動き始めることを言います。この反射は便秘解消にも役立ち、老廃物をためない生活をおくることができるというメリットがあります。


以上みなさんもきれいなウエストをめざしましょう♪

https://feely.jp/89117/2/

スポンサーサイト



おうちで簡単にできるセルライト除去とは?

ダイエット
10 /24 2019
みなさん(*^^*)
こんばんは♪

今日は特に女性の方が悩まれてるセルライト対処についてお話します😊

○セルライトは潰したらだめ?
美しい体型の天敵、セルライト。皆さんはどのように処理していますか?
多くの方が「雑巾のようにぎゅーっと絞ってつぶ」したり、「痛いのを我慢して押しつぶ」したりしている方が多いのではないでしょうか?
実はつぶしてしまうと、悪化してしまうことがあります。そもそも、セルライトは毛細血管やリンパ管を押しつぶして変形しますが、その際に皮膚細胞や毛細血管を傷つけてしまいます。そうすると、体内のコラーゲンが修復しようと働き、流しきれなかった老廃物を巻き込み、さらに大きな脂肪細胞となってしまうのです。
さらに、毛細血管はとてもデリケートです。そのため、あまり強くもみつぶしてしまうと、破れて内出血をおこしてしまう可能性もあるので、セルライトを消すために、つぶしてはいけないのです。

○冷えが敵!とにかく暖めよう
では、セルライトはどうやって対処したらいいのでしょうか?エステでは適切な対処をしてくれますが、何よりもその値段がネックになります。もっと手軽に対処したいという方にお勧めするのが温活です。
実はセルライトができる原因は「冷え」なのです。体の代謝が落ちてしまうと脂肪の燃焼力が落ちてしまい、老廃物を詰まらせてしまうのです。太ももやお尻を触ると、冷たいと感じるのは脂肪が冷えて固まっている証拠です。セルライトは冷えて固まったラードと考えると、溶かすために温めるのが有効であるとわかるのではないでしょうか?
なので夏場もシャワーで済まさず、湯船につかることでしっかり体を温めることが重要です。体を温めて代謝を上げることで脂肪燃焼を促し、解消することにつながっていくのです。

○有酸素運動とリンパマッサージをしよう
もちろん温めるだけでは冷えて固まったセルライトを完全に流すことはできません。温めたあとより脂肪と老廃物を流すため、有酸素運動やリンパマッサージを併せて行うとより効果的です。
有酸素運動は皮下脂肪を効果的に燃焼させる働きをもっています。ウォーキングやジョギング、スイミングなど行って基礎代謝をさらにあげてみましょう。腹式呼吸も代謝をあげやすく、手軽に行えるのでお勧めです。
そんな運動する時間がない人にはリンパマッサージがおすすめです。体の中の老廃物を自分の手でマッサージすることで流していくのです。ただし、リンパ管は皮膚の近くにあり、毛細血管と同様デリケートです。力任せに行わず、掌でゆっくりとリンパを温めながら流していくイメージで優しく行ってください。
体を温めながら、運動やリンパマッサージを行い、セルライトを撃退しましょう!


http://www.honfleur.jp/sp/esthe/contents/column/esthe/057.php

乾燥肌対策はとうすればいい?

ダイエット
10 /23 2019
今日は冬の乾燥肌対策についてお話します😊

みなさんこれからの季節はお肌の悩みが増えてきますよね😭😭

では冬になると、なぜ肌が乾燥するのでしょうか。それは「気候」そのものに原因があります。冬は気温が低くなり、空気が乾燥するという特徴があるのですが、実は、冬の乾燥肌はこの気候の変化に人間の体が対応しようするために引き起こされるものなのです。
では、どのように人間の体が反応していくかといいますと、まず気温が下がってきたことに対し、体温を維持しようと皮膚表面の血管を収縮させます。そして、この血管を流れる血液の量が少なくなるため、皮膚の健康維持に必要な物質に栄養が充分に届かなくなります。ここでいう皮膚の健康維持に必要な物質とは、水分量を維持する細胞間脂質の「セラミド」、水分の蒸発を防ぐ「皮脂」のこと。これらの働きが皮膚の「バリア機能」となっているのです。
セラミドと皮脂に充分な栄養が届かず、その働きが充分に発揮できなくなることに加え、空気が乾燥している冬の気候の特徴が皮膚から一層、水分を失わせていきます。
このような一連の流れによって肌が乾燥していくわけです。

☆細胞の隙間"が招くかゆみ

肌が乾燥してくると不快な症状である「かゆみ」が現われてきます。 この肌の乾燥が元となるかゆみは、セラミドや皮脂の働きが充分に発揮されずに皮膚から水分が蒸発してしまうことで、細胞に「隙間」ができてしまうために起こるもの。
このような状態になると、本来は皮膚の深部にある、かゆみを感じる細胞が表面にまで出てきてしまい、外からの刺激を直接受けてかゆみを感じるのです。さらに、この細胞は外からの刺激を受けると、かゆみを引き起こす物質「ヒスタミン」の分泌を促します。つまり、かゆいからといってかいてしまうと、余計にかゆくなるという悪循環に陥ってしまうわけです。


☆予防の第一歩は日常生活の改善
冬の乾燥肌は従来、体全体の水分量が減少している高齢者に多く見られたのですが、最近では若者にも増えているとされています。これは「日常生活」が原因になっているといわれており、ここで気を付けたい2つの日常生活と対策を紹介します。

①「洗い過ぎ」には注意
若者が乾燥肌になる最たる原因は「洗い過ぎ」といわれています。
冬に限ったことではないのですが、ナイロンタオルなどで体をゴシゴシと洗ったり、長湯をしがちだったりする習慣のある人は要注意。いずれも皮膚の水分を失わせ、乾燥肌を招きます。そこで・・・

石けんは充分に泡立たせ、「肌をなでるように」洗う
頭を洗ってから体を洗う
長湯はしない
お湯の温度は40℃程度のぬるま湯が理想
保湿効果のある入浴剤を使用する
風呂から上がる時はタオルで「水分を吸い取る」感じで体を拭く

以上の6項目に注意し、バスタイムを楽しみましょう。

②エアコン、ファンヒーターに注意
エアコンやファンヒーターは冬に欠かせない暖房器具ですが、これらは乾燥した冬の空気をさらに乾燥させる、肌の天敵でもあるのです。そこで・・・

室内温度を低めに設定する
加湿器を使用したり、洗濯物を干したりするなどして湿度を確保する

以上の2項目を心がけましょう。

③保湿剤を効果的に使用

冬の乾燥肌を防ぐには、上記の2つの日常生活の改善に加え、「保湿剤」を使用することも効果的です。
まず配合成分では、尿素、セラミド、コラーゲン、コンドロイチン硫酸などが含まれているものを選びましょう。
つぎに注目したいのは保湿剤を使用するタイミング。風呂から上がって15分以内の「肌がしっとりしている時」に使用すると最も効果的です。

https://www.nipro.co.jp/sukoyakanet/49/






ダイエット、リバウンドしないためには?

ダイエット
10 /23 2019
みなさん(*^^*)
こんばんは😊

みなさんはリバウンドの経験はありますか??
せっかく痩せたのにもとに戻っては意味がないですよね😭😭

そこで今日はリバウンドしないためにはどうすればいいかについてお話します😊

■01. 急激な減量をしない
私たちの体は、入ってくるエネルギーが少ないと、代謝を抑え、体をそれまで通りに維持しようとする機能が働きます。これを「ホメオタシス」といいます。

ダイエットを始めてすぐは順調に体重が減るのに、しばらく経つとピタッと止まってしまう停滞期があるのは、このホメオタシス効果のせいです。

人間の体を維持するために重要な機能ではありますが、ダイエット中には少し厄介ですね。
このホメオタシス効果が最大限発揮されるのが、1ヵ月に5%以上の体重が減少したとき。つまり、急激なダイエットをすればするほど、ホメオタシス効果が働き、体重が落ちにくくなるということです。

ハイペースな減量は避け、目標は1ヵ月にマイナス5%以内にとどめるようにしましょう。

■02. 無理な食事制限をしない
炭水化物抜きダイエットや単品ダイエットなど、無理な食事制限をすると、リバウンドのリスクが高まってしまいます。

「○○抜き」や「○○だけ」などの極端な食生活は、長く続けると栄養バランスが偏り、体調を崩してしまったり肌トラブルを引き起こしてしまうことも。

さらに無理な食事制限はストレスが大きいため、一時的に体重が落ちても、空腹時にドカ食いしてしまい、結局リバウンドをする可能性が高いのです。

結果を焦らず、野菜中心のバランスのよい食事を摂りながら、無理なくダイエットを続けるのがリバウンドを防ぐコツです。

■03. 停滞期も1ヵ月は諦めない
ものを食べたときに満腹感を感じるのは、「レプチン」という物質が脳の満腹中枢を刺激するためです。このレプチンは、食事量が減れば分泌量も減少し、そのために空腹感を感じるようになります。
でも、ダイエットを続けるうちに、体が少ない食事量でも正常と判断するようになり、レプチンの分泌量もそれにあわせてリセットされ、少ない食事量でも満腹感が得られるようになるのです。

レプチンの分泌量のリセットには、1ヵ月ほど必要といわれています。ダイエット中にはいわゆる「停滞期」が訪れます。そこで諦めて食事量を元に戻すと、レプチンがリセットされず食べすぎを招くことに。
体重が減りにくい停滞期でも、1ヵ月間頑張ってダイエット中の食生活を維持できれば、少ない量でも満腹感が得られるようになり、リバウンドをすることはありません。
■04. 基礎代謝を上げる
内臓を動かしたり体温を維持したりするのに使う、何もしなくても消費されるエネルギーが基礎代謝です。

基礎代謝がアップすれば、特別な運動をしなくても体がエネルギーを消費し、リバウンド知らずの太りにくい体を作ることができます

基礎代謝を上げるには、適度な運動で筋肉をつけるのがおすすめ。簡単なストレッチや、通勤のついでにウォーキングをするなど、無理なく続けられる運動を取り入れてみましょう。

また、冷えは代謝を下げ、体を痩せにくくします。冷たい食べ物や飲み物をとりすぎないようにする、入浴はシャワーでなくしっかり湯船につかるなど、日頃から体を温める工夫を心がけてくださいね。

最近私が実践したダイエットもおすすめです(*^^*)
下記「webダイエット」の文字をクリックしてみてくださいね!
webダイエット

201910022134425f9.jpg

内臓脂肪の減らし方は?

ダイエット
10 /20 2019
みなさん😊
こんばんは♪

みなさんは内臓脂肪は気にしていますか??
年齢とともに内臓脂肪って気になってきますよね、、

今日は内臓脂肪の減らし方についてご紹介します♪

この内臓脂肪は、コルチゾールのようなストレスホルモンやインスリンの産生に影響するサイトカインと呼ばれる炎症性物質を大量生産させることがわかっています。結果として体重オーバーよりたちが悪く、2型糖尿病、高血圧、高コレステロール、心臓病、脳卒中、いくつかのがん、そして認知症のリスクも高めてしまうのです。

不幸にも、お尻や太ももではなく身体の中心部分が重くなりやすくなる女性がいます。科学的な理由はたくさんあり、遺伝によることも。母親または祖母がリンゴ型の体型だった可能性があります。閉経前後、または多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性もおなかの脂肪が増えやすいのです。睡眠からストレスまで、特定のライフスタイルもおなかの脂肪を増やすもの。医師に相談すると、どんなファクターで太るのかわかるのですが、結局のところダイエット、エクササイズ、ライフスタイルの変化以外におなかやせする方法はありません。

夢にまで見る「へこんだおなか」はいつでも手の届くところにあるのですが、時間と努力が必要。ここで紹介する習慣に取り組めば、体重は落ち始めるはず。

☆内臓脂肪の減らし方

①運動をやめない
内臓脂肪のいいところは、有酸素運動と直結していること。ランニング、バイキング、水泳など、心拍数を上げる運動によってカロリーが燃焼していくのです。おなかの肉を摂るなら負荷のかかるトレーニングより有酸素運動の方がベター。『アメリカン・ジャーナル・オブ・フィジオロジー』誌に掲載された2011年のデューク大学の研究から突破口は見つかりました。1週間に20kmほどのジョギングをすると、おなかの脂肪を減らせるというもの。研究者らは、有酸素運動が負荷トレーニングよりも67%多くカロリーを燃焼させることを発見したのです。

ランニングが好きではなくてもまだ運動をあきらめない方が◎。習慣的なウォーキングでもおなかをへこませられるはず。毎日45分〜1時間、早足のウォーキングを目指すか、早足ペース〜ゆっくりしたペースの間でいろいろ変化させてみます。

高強度の有酸素運動は脂肪を燃やすためには最適ですが、ウェイトトレーニングや全身運動も行います。身体を強くし、新陳代謝を高める(カロリーをより燃やす)のに役立つはず。おなかを含む全身の脂肪を燃やすベストのワークアウトとしては、ローイングマシン、短い休憩をはさむリフティング、腕立て運動です。


②たんぱく質をとる
やせることとおなかの脂肪を減らすのに、たんぱく質が大事なのはご存じのはず。そのことをまったく知らなかったなら、パレオダイエットやサウスビーチダイエットなどをやってもうまくいかないかもしれません。たんぱく質が一番大事だという理由は次の通りです。

「筋肉や脂肪細胞がうまく反応しないために、年齢とともに身体のなかでインスリンがより多く作られるようになります」と、コーネル大学の肥満専門クリニック医師のルイス・アローンさん。このインスリンによって、おなか周りに脂肪がため込まれてしまうのです。

「たんぱく質の多い食事を摂ることで、インスリン抵抗性(インスリンは十分な量が分泌されているけれども、効果を発揮できない状態)から身体が守られるかもしれないのです」とアローンさん。たんぱく質を摂る簡単な方法はスムージーや食事や軽食に、有機ホエイ(乳清)プロテインを加えること。

ある研究によると、肥満の女性が「たんぱく質30%、炭水化物40%、脂肪30%」の食生活を8週間続けたところ、「たんぱく質16%、炭水化物55%、脂肪26%」を摂った場合と比べると、内臓脂肪含めた脂肪をより確実に減らせることが示されたのです。

③不飽和脂肪をどんどんとる
2014年のスウェーデンの研究によると、食品中の飽和脂肪は、不飽和脂肪よりも内臓脂肪になりやすいのです。研究の対象者は、パーム油(飽和)またはヒマワリ油(不飽和)のいずれかを7週間にわたって毎日750キロカロリーを食べたのですが、飽和脂肪を食べた人は内臓脂肪が増え、不飽和脂肪を食べた人は筋肉量が増え、体脂肪が落ちていました。不飽和脂肪は、ナッツ類、種子、魚に含まれ、おなかをやせさせてくれるのです。

より最近の研究では、飽和脂肪も控えめなら健康な食事にも入っていいものだとわかってきました。ただし、自分の食べている脂肪の多い食品を意識すること(トランス脂肪は常に避けます)。天然のサーモン、アボカド、アーモンドバターには、健康な脂肪やおなかをへこませてくれるほかの栄養素が詰まっています。

④お酢をとる
2009年の日本の研究によると、8週間の間、大さじ1杯または2杯の酢を毎日摂っていると、肥満の人が体脂肪、とりわけ内臓脂肪を減らせることがわかったのです。「お酢中の酢酸が脂肪を燃やしてくれるたんぱく質を生み出すという仕組みが考えられています」と、メリーランド大学の医学教授、パメラ・ピーキーさん。『40歳から肥満と戦う』の著者です。

⑤とにかくよく眠る
2010年のウェイクフォレスト大学の研究によると、内臓脂肪を増やしてしまう睡眠習慣は一晩5時間以下だそう。すでにご存じの通り、おなかをへこませるための理想は8時間。別の研究によると睡眠が不十分だと空腹感と食欲を高める可能性があり、人によっては夜遅くに健康に悪いものを食べることにつながってしまうとわかりました。シカゴ大学助教のエリン・ハンロンさんは大学のブログで、「睡眠時間が減ると、特定の食べ物への欲求が強まってしまい、我慢できなくなるのです。結果として食べてしまい、繰り返すうちに体重が増えていきます」。

適度に運動している人は、「カテキン」と呼ばれる緑茶の含まれる抗酸化物質を摂っていると、摂っていない人よりも、運動中のおなかの脂肪が燃えやすくなるようです。ある研究によると、230gの緑茶2、3杯に相当する625mgのカテキンを毎日摂ることがおすすめとのこと。

以上です!

私が実践したことあるダイエット方法は
食事も運動もサポートしてくれて、やって
本当によかったです♪

下記のURLをタップして
アクセスしてみてくださいね(^ω^)

http://web-beauty-diet.net/ec/?c=54ok

201910022134425f9.jpg


https://www-mylohas-net.cdn.ampproject.org/v/s/www.mylohas.net/amp/2018/07/171818fat-belly.html?amp_js_v=a2&_gsa=1&usqp=mq331AQCKAE%3D#aoh=15715618982783&_ct=1571562004084&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s&share=https%3A%2F%2Fwww.mylohas.net%2F2018%2F07%2F171818fat-belly.html

matmm

こんにちは(*・ω・)
matmmです♪

訪問ありがとうございます( ≧∀≦)ノ
ダイエットに興味を持ちはじめて10年経ちます!
ダイエットにおすすめの食材や、リバウンドしない方法、美容、健康についてアップしていきます(。・ω・。)

わからないことや共感できることがあれば
ドンドンコメントくださいね♪